出会いアプリにおける「業者」

出会いアプリにおける「業者」

出会いアプリには、誘導業者というものも存在します。

 

サクラと同じく甘い誘い文句を使って、純粋な出会いを求める会員を手玉に取ろうとしてきます。出会いアプリ初心者の方はきっとサクラとの見分けがつかないはずです。

 

しかし、誘導業者とサクラの正体は全く別物です。サクラは出会いアプリ運営者が雇ったバイトや、運営会社の社員なので、自身のアプリに携わるものです。それに対し誘導業者とは、その出会いアプリとは無関係なんです。

 

会員登録をする一般の人と同じように、外部から一般女性になりすまして参加している悪者達のことなんです。つまり、アプリに利益をもたらすものでもなく、利用しようとしているわけなので、アプリ運営者側も被害者と言えます。

 

誘導業者の手口

 

騙されないために、下記の2つの手口を知っておきましょう。

 

他のアプリやサイトへ誘う

 

誘導業者とはその言葉通り、どこかへだれかを誘導する業者のことです。つまり、あるアプリに登録しているお客さんを、自分達が運営している悪徳アプリや悪徳サイトへ何とか引きずり込もうとするのです。

 

とってもかわいいプロフィール画像の女の子に「こっちのアプリでブログ書いてるから見に来て♪」などといって誘ってきます。URL付きでオイシイ話をふってきたら、それは間違いなく「誘導業者」。どんなに好みのタイプの子から誘われても、紹介されたアプリに登録しないようにしましょう。

 

直接のやりとりをしようとする女性

 

一般的に女性は、出会いアプリ経由のメールも無料で使えます。これは女性に安心してアプリを使ってもらうためのサービスなのですから、普通はこれを使ってやりとりをします。

 

直でつながるアドレスや電話番号、LINEのID等を男性に教えて、アプリを通さずにやり取りするメリットはありません。純粋な出会いであれば、連絡先を教えてもらえるまでには、「信頼してもらう」という大変な苦労があります。信頼してもらって、あってみたいと思われて…そういう頑張りの先にあるものなのです。

 

これが出会いアプリの基本なのに、女性の方から積極的に連絡先の交換を求めてくるのは「個人情報収集業者(アドレス回収業者)」の可能性が非常に高いです。浮かれてこちらの情報を教えてしまえば、その途端、迷惑メール&迷惑電話攻撃が始まりますよ。

 

逆にサクラや冷やかしの場合は直のやり取りをしたがりません。連絡先を教えてくるのが誘導業者、連絡先を絶対に教えないのがサクラと冷やかしです。

 

業者対策で一番大事なこと

 

今は数々の出会いアプリがありますが、優良といわれるアプリの場合は、電話認証や年齢認証などの審査過程がしっかりしています。業者が紛れ込むのが難しくなっています。

 

更にユーザーからの通報システムや、パトロールなど管理体制も整っているので、紛れ込んだ誘導業者をすぐに見つけ、強制退会させててくれます。なので、優良アプリで業者に遭遇してしまうのはレアなケースでしょう。

 

逆に、登録するときに審査や管理が緩いな、と感じたら警戒しましょう。審査過程の緩い無料出会いアプリや中小出会いアプリは、もはや誘導業者のたまり場になっていてもうやりたい放題です。

 

やはりきちんとした優良アプリを選んでおくことが、業者対策という点からも大事なんですね。