メールの長さはどれくらいがよいのか

メールの長さはどれくらいがよいのか

よくネット上で見られる疑問に、メールはどれくらいの長さが適当なのか、というものがあります。これはあくまで一般的な恋愛におけるメールに対する疑問で、出会いアプリに限定した話ではないのですが。

 

非常に大雑把に分類すると、最近の若い人はLINEなどのチャット的なコミュニケーションによく慣れているので、メールの文字数はどんどん短くなっている傾向があるようです。

 

とはいえ、そこはやはり個人差が大きいと思います。とにかくコミュニケーション好きな女性の場合なら、短いメールのやり取りを繰り返す傾向があります。逆にちょっと返信が遅れるだけでも気分が落ち込んでしまうので、その辺を気遣ってあげなければいけません。

 

その反対に、あまり頻繁なコミュニケーションを好まないタイプの女性なら、メールの回数自体は少なくなるのですが、その分より多くの内容が書き込まれるようになります。その場合、今度はあまりあっさりした返事でがっかりさせないよう、気を使ってあげる必要があるわけです。

 

メールのペースは女性に合わせる

 

このように、人によってメールのやり取りには好みのペースがあるものです。男性の場合は、これを基本的に女性に合わせてあげるべきでしょう。

 

つまりメールの長さに関しても、相手と同じ程度がもっとも適当だということですね。それが女性にとっては、もっとも心地良いコミュニケーションとなるわけですから。

 

ただし、あまり機械的に合わせてばかりいるのもいけません。ときには長いメールに、シンプルな返事が必要となる場面もあるのです。

 

また、特に男らしさを求める女性の場合は、よりシンプルなメールのほうがかえって好印象につながるということも考えられます。やはり重要なのは、基本は女性に合わせつつ、その場の空気や流れを読んで、その場その場で柔軟に対応していくということですね。

 

男性側の事情

 

出会いアプリというものは、男性側が一方的にお金を負担することが前提となっているものがほとんどです。つまり男性としては正直なところをいえば、あまり短いメールを頻繁にやりとりすることは避けたいというのが本音なのです。

 

あまりに短いメールばかりが続くと、ポイント稼ぎの冷やかしではないだろうか、という疑念すら浮かぶこともあります。実際、そのようなキャッシュバッカーというのは、短いメールで大勢の相手とやり取りしているのがよくあるパターンです。

 

そういうわけで、女性の側でもそのような男性の事情をある程度理解してあげると、より助かると思います。直メやLINEに場を移すことも、男性が信頼できそうだと思ったら、ぜひ認めてあげてください。

 

直メやLINEではそれまでのように費用の心配がなくなるので、より自由で活発なコミュニケーションが取れるようになります。女性側にとってもメリットは大きいのです。