見てもらえるファーストメール

気に入った人に最初に送るメール、いわゆるファーストメールこそ最も気を使わなければいけません。

 

「送っておけば見てくれるだろう」と思いがちですが、そう甘くはありません。どんなに優良な出会いアプリであっても、男性の数に比べ女性の数は圧倒的に少ないものです。

 

また、出会を求める男性は複数の女性にメールを送るので、女性1人当たりに対する男性の数はとても多くなってしまいます。つまり、大量のメールの中でいかに自分を印象付けるか、ということが大事になってきます。

 

要領よくわかりやすいメールを!

 

自分のことを印象付けたいあまりに、自分のことばかり書いた長文メールを書いても、読んでもらえません。自分をアピールすることは確かに大事ですが、向こうはこちらのことを知りたい!と思っているわけではないのです。

 

ですから、しっかり要点を押さえて言いたいことを簡潔にまとめる必要があります。文章の長さは、最長でも200文字以内にしましょう。

 

ですが、たった200文字で自分を最大限にアピールするのは難しいですよね。そのために、最初にプロフをしっかり作り込むのです。自己アピールはプロフに書き、ファーストメールはそこへつなぐ架け橋だと考えましょう。

 

ファーストメールから相手の女性がプロフを見てくれるようになるきっかけは、「この人はきっと私だけにメールを送っている」と感じてもうらうことと「この人とは何か共通するものがありそう」と思ってもらうことの2つです。

 

誰に送っても成立してしまうテンプレート形式のファーストメールは、同じようなものを何通ももらうわけですから、スルーされる確率が高くなります。

 

とはいえ、効率よく出会うためには複数の女性にアプローチをかけるのが基本ですよね。理想としては1人1人に合ったメールを考えるのが理想ですが、そこまで時間と労力をかけていられないのが現実。

 

そこで次のような型を作っておき、相手に合った内容を当てはめてメールを作ってみると便利です。

 

ファーストメールを作る5つの要素

 

相手の名前と挨拶

 

コピペのメールを手当たり次第に送っていると思われないためには、必ず相手の名前を書きましょう。「私だけに」と思ってもらうためには、名前を一度も書かないのは絶対にNGですよ。

 

簡単な自己紹介

 

詳しい自己紹介はプロフに誘導してみてもらいましょう。パッとみで長文だと、読むのがめんどくさいと思われてしまうので、あくまで簡潔に。

 

相手と自分との共通点

 

これが実は一番大事な要素です。同じ趣味、同じ仕事、同じ出身地、同じ考え方など、自分との共通点や相手に共感した点を書きます。これは「あなただからメールしたんですよ」という強力なアピールになります。

 

また、プロフをしっかり読んでくれている、と思わせることもできます。できれば、相手が一番興味を持っていることをプロフから読み取り、ここに盛り込むとよい反応をもらえるでしょう。

 

質問

 

どんな出会いアプリ攻略サイトにも必ず書いてありますが、質問を入れるのはマストです。

 

Bの話題を更に広げるような質問ができればベストです。また、Yes/Noで答えられる質問ではなく、具体的な答えを引き出す質問にしてセカンドメール以降も話を盛り上げやすくしておくと完璧です。

 

締め

 

これはあっても無くても構いませんが、あったほうが丁寧な印象を持ってもらえます。

 

お返事待ってます、というような締めの挨拶を入れておきましょう。