男の絵文字顔文字はその人の知的レベルを表すもの

男の絵文字顔文字はその人の知的レベルを表すもの

男性は中高年と呼ばれるようになると、メールの絵文字というものを使うのは数個あればいいほどで、それを使う事に何かと躊躇してしまうものなのです。

 

又、それが男同士であれば、尚更で、ほとんど見ることはできないでしょう。しかし、出会い系のアプリを用いているとなると、女性の中には絵文字顔文字一杯という人もいないではありません。

 

これらキラキラメールと呼ばれるものに、男性側が返事をするにはどうしたらよいのでしょう。女性側のテンションに合わせるというのは、雰囲気づくりもあって鉄則ですが、声や顔が見えないメールとなると少々問題になってきます。

 

男の絵文字顔文字満載メールは好まれないという現実

 

まず言えることは、相手のテンションに合わせ、調子に乗って絵文字顔文字満載で送ってしまうと、相手にドン引きされるのは間違いありません。

 

男性の絵文字顔文字多様や使い所を間違えると、キモイ、チャラいと思われてしまい、まず、成功することはありません。メールの絵文字顔文字については、女尊男卑であるとも言えるのです。

 

更に、絵文字顔文字の使用には年齢や性別により、その使い方にTPOというものがあるということで、男性の場合には要所要所に使うことがポイントです。

 

しかし、まったく使わないとないと冷たい印象を持たれたり、堅苦しさを与えてしまうもの事実。絵文字の使い方は、言葉の度合いを和らげたり、ジョークにもなってその印象を変えてくれる効果もあります。

 

又、その使い方によりその男性の知的レベルや、ユーモアのセンスというものが表れてしまいます。絵文字顔文字も、過ぎたるは及ばざるが如しという事です。

 

ということで、男性のメールの場合には、1メールでの顔文字絵文字は1,2個程度にすること、これが出会い系のメールの鉄則であるといえると言えるのかもしれません。