位置情報アプリは便利?それとも…

位置情報アプリは便利?それとも…

最近は手軽な出会い系やコミュニケーションアプリが多く、その中でもスマートフォンのGPS機能を利用した位置情報サービスが連動されたアプリが多くなってきてます。

 

たとえば、出会い系アプリではハッピーメールアプリのハッピーレーダー(※現在はメンテナンス中で再開は未定)非出会い系アプリではスマとも、アイランド辺りが位置情報サービスを実施しています。

 

位置情報サービスとは、マップ上にユーザー(自分や相手)の位置が表示され、今、自分の近くにいる人を探し、メッセージの交換ができるというサービスです。

 

これはGPS機能が備わったスマートフォンならではの、新しいコミュニケーション手段であり、身近で相手を探せるというドキドキ感と、すぐ出会えるということの手軽さが魅力のサービスになっています。

 

便利な位置情報サービス。しかし、そこには意外な落とし穴も・・・。

 

ここまで読んで、位置情報サービスは魅力的で便利なものだと思いますが、それと合わせてこのサービスを利用する危険性も知っておいてください。

 

位置情報アプリを使うということは、自分のいる場所が相手に分かってしまうということ。

 

職場や、自宅の住所などが特定される恐れがじゅうぶんにあります。それがもし、悪意のある人に知られることがあれば、トラブルや犯罪に巻き込まれるリスクも高くなるということなんです。

 

現在の位置情報アプリでは、マップ上の詳細な住所までは表記されず、おおまかな位置に表示されるよう、対策は取られているのですが、それでもおよその場所は特定可能ですので、トラブル防止のためには、細心の注意を払うべきだと思います。

 

ですので、便利で魅力的な位置情報アプリを安全に楽しむために、自宅や職場、その付近では利用しないことをオススメします。

 

もし、どうしても利用したいという場合は、その時だけでも、GPSの機能をOFFにするといいでしょう。特に、1人暮らしの女性へは、トラブル回避のため、特に注意してほしいと思います。