習い事や趣味を持つ

習い事や趣味を持とう

婚活に向けて、男性との出会いのチャンスを増やすだけでなく、自分自身についても何かしたい、という方におすすめなのが「自分磨き」。つまりは自分の為にもなる習い事や趣味を持つことです。あくまでも婚活の一要素として習うものを選ぶのがポイント。趣味や嗜みとして男性にその習い事のことを話したときに、相手の自分を見る目が「へえ!」といった感じでちょっと変わる、好印象を与える、そんな習い事がおすすめです。

 

といっても、一体どんな習い事が婚活に役立つのでしょうか。スタンダードなところでは「道」のつくもの。書道、華道、茶道あたりはやっておいて損はありません。「やっている」という事実だけでなく、普段の身のこなしや、話し方、書道なら手書きの文字にも隅々まで「良い印象」があふれるようになります。道がつくものというと合気道や空手道なんてものもありますが、こちらも実は、ギャップを感じさせるという意味では有効です。みるからに空手やってます!みたいな外見ではない、はまりすぎない、という前提があればプラスに働くこともあるのではないでしょうか。

 

楽器を習ったり、歌を習ったりするのもいいと思います。歌といっても本格的なヴォーカルレッスンやカラオケではなく、ゴスペルやコーラスのように趣味の1つとして歌っている、くらいのニュアンスがいいですね。男性との出会いの場にもなります。テニスやゴルフといったポピュラーなスポーツも、婚活の場では「デートに誘いやすくなる」「結婚してからも同じ趣味が楽しめそう」ということで男性受けのいい習い事です。ですから、もし婚活のためにダイエットを考えているなら、エステにせっせと通いつめるよりも、何かスポーツをはじめてみるといいと思います。

 

多少古典的にはなりますが、料理を習うのもいいでしょう。料理については、「実は上手」くらいが婚活では強いかもしれませんね。「全くできない」はマイナスポイントになりこそすれ、プラスには絶対働きませんから、習っておくことをおすすめします。実践に役立てるなら家庭料理ですが、普段はなかなか接する機会のないセレブ系の奥様方やお嬢様方が集うようなフレンチやイタリアンのサロン的な教室も、参加者の方から得られるヒントはとても多いですよ。環境をかえてみるのも、自分磨きにはよい方法の1つです。