婚活にマイナスな女磨き

その「自分磨き」本当に婚活に効きますか?

結婚できる女になるために「自分磨き」しています。という話をよく耳にしますが、どんな「自分磨き」でも、結婚するために意味があるのでしょうか。自分を磨くというのは、どんなものでも自分の成長にとって大事なことですが、「結婚のために」ということを考えると、有効なものとそうでないものが実はあるのです。

 

例えば、「毎週エステに行っています」というA子さんと、「毎週料理教室に通っています」というB子さんだったら、婚活中に出会った男性には、どちらが結婚相手の女性として魅力的に感じるでしょうか。答えはB子さんです。

 

結婚をその先に考える時、男性はその女性が自分の妻になり結婚生活を営んでいる状態をイメージします。意識的にイメージすることもあれば、無意識に想像していることもあるでしょう。その時に、この女性なら一生パートナーとして一緒にいられる、と思ってもらわなくてはならないのです。

 

さきほどの例で見れば、毎週エステに行っているA子さんは、「お金がかかる女性だな」とか「外見を重要視する人なのかな」と思われてしまいがちです。毎週料理教室に行っているB子さんに対しては、「家庭的を大事にしてくれる女性だな」とか「今度作ってもらった料理を食べてみたいな」と思うでしょう。

 

エステや美容にお金を掛けるのが良くないというわけではありません。それも実際には大事なことです。しかし、婚活のアピールポイントとしては有効ではないということを認識して婚活をすると、上手に相手にアピールすることができるということです。

 

料理やスポーツなどの趣味をアピールポイントにするのは、大変有効です。それに関連した話題で盛り上がることもできますし、いきいきとした生活を送っている魅力的な女性像をイメージさせることができるからです。もちろん、婚活においてだけでなく、友人や職場での人間関係や自分に対するイメージもアップしますし、自分自身も生活が彩られるので、婚活を終えたり止めた後でも、それは自分の人生にとってプラスとなることでしょう。

 

婚活のために「自分磨き」をしようとしたら、それが将来的に何に結び付くのかをしっかりと考えて選ぶようにしましょう。自分がどんな女性になりたいか、どんな家庭を築きたいのか、旦那さんと家族のためにどんな奥さんになりたいのか、それを考えるとイメージがつかみやすいと思います。