婚活が上手くいかない時

あきらめる前に、婚活について考え直す

「婚活が思うように進まない、なかなか結果が出せない、だから結婚をあきらめかけている」という話をよく聞きます。そういう人にはぜひ、あきらめる前にもう一度、婚活の方法について考え直してみることをおすすめします。あきらめるのは簡単、いつでもできます。ですからその前に、立ち止まって考える機会を作ってほしいのです。

 

たとえば、恋愛経験の少ない人、あるいは未経験の人がいきなり「婚活パーティ」に参加してもうまくいかないのは当然でしょう。「どう振舞ったらいいのか、相手をどう気遣ったらいいのか、どんな会話をしたらいいのか」いろいろに考えて、気苦労するのは当たりまえです。
そういう人はパーティに参加するよりも、結婚相談所などに行ってアドバイスを受けるという方法のほうが、ずっと向いていると思います。
今の結婚相談所はかなりきめ細かく、親身になって悩みや相談に乗ってくれます。ですからもし、話をしてみてしっくりくるようなら、そこをあなたの新しい婚活のステージにすればいいのです。マンツーマンシステムですから、安心して婚活ができるでしょう。
これは一例です。婚活の方法やスタイルはいくらでもあるのです。

 

恋愛経験がある程度ある人には、たとえば「料理婚活」や「バスツアー婚活」といった、ユニークな企画がおすすめです。これは男女がいっしょに料理をしたり、バスツアーに行ったりすることでお互いを知り、それを出会いにつなげようというものです。これらは体験するだけでも意味があると思いますので、選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 

要するに、これまでやったことのない婚活を経験してみる、ということが大切なのです。選択肢は多数用意されているのですから、できるだけたくさん検討し、実際に経験してみて、その中から自分にもっとも合った婚活の方法、スタイルを見つけることです。道は必ず開かれます。その道を切り開くためには「チャレンジ精神」が必要なのです。

 

なお、クラシカルな婚活として、「お見合い」という方法があります。これはかなりの実効性がありますが、気軽な婚活というわけにはいきません。お互いの家族や仲介者への義理といった副次的な問題も発生しますので、慎重に考えて選択判断したほうがいいでしょう。