女性にとって理想的な相手

女性にとって理想的な相手とは

女性の立場から、結婚相手に望むものを考えてみましょう。
結婚について、より現実的な考え方を持っているのが女性だと言えます。
望むものは一人一人違いますが、良い結婚をするために必要なことがたくさんあります。

 

まず、男性に家事を手伝ってもらえるかどうか、ということです。
夫婦共働きが当たり前になっている現代ですから、ある程度は家事を手伝ってもらいたいものです。
しかし、婚活の時点でそのことを明確に伝えることはあまり賢明ではありません。
家事を手伝ってほしいという希望は、結婚の話がまとまってきた段階で相手に伝えるべきでしょう。

 

次に、女性は安定した収入を得られる男性を望んでいます。
女性は結婚だけでなく、出産や子育ても踏まえたうえで結婚を考えています。
産休、育休の間は旦那様の収入が頼りになってきます。
特に不景気の現代においては、高収入であるというよりも、収入が安定している職業の男性が好まれる傾向にあるようです。

 

女性はお金のことを考えずに結婚を考えることなどできないものです。
無計画な出産などはできれば避けたいと考えるのが当然とも言えます。
経済的な面でも現実的に考える必要があります。
もちろん、お金があればすべてがうまくいくというわけではありませんが、お金が無いことでうまくいかないことは山ほどあるのです。

 

さらに、女性が男性に望むものは、健康であることです。
健康な男性は、収入の面でも婚活女性にとっては魅力的です。
やはり体が資本なのです。
あまり健康ではない男性だと、仕事は大丈夫なのだろうかという不安があるのです。

 

また、女性の本能として、より優秀な遺伝子を求める傾向にあります。
これは動物の本能とも言えます。
女性は経済的な面だけではなく、本能的にも、健康な男性を結婚相手として望んでいるのです。

 

これらのことは、まるで夢のない話に捉えられるかもしれません。
しかし、婚活女性にとっては、結婚を考える上では避けては通れない道なのです。

 

女性は、この人と結婚したら、結婚生活がどのようなものになるだろうか、ということを慎重に考えておかなければなりません。
結婚で後悔しないためには必要なことだとも言えます。
自分自身のハードルを高くしているのではなく、より現実的に結婚を考えているのです。